未分類

【NHK】幕末に徳川家茂からナポレオン三世に贈られた美術品が、フランスのフォンテンブロー城で公開 [みの★]

1 :みの ★:2021/06/06(日) 09:29:40.78 ID:v28Ag6z09.net
 フランスで日本の美術をテーマにしたイベントが開かれ、幕末の将軍、徳川家茂からナポレオン3世に贈られた美術品が公開されました。

 フランスでは歴代の国王が暮らしたパリ近郊のフォンテンブロー城で毎年、美術の歴史を伝えるイベントが開かれていて、ことしは日本をテーマに4日から展示会や講演などが行われています。

 中でも「アートと外交」と名付けられた展示会では、日仏の専門家による研究で幕末の将軍、徳川家茂からナポレオン3世に贈られたことが明らかになった、びょうぶやたんすなどが公開されました。

 このうち1860年に贈られた「佐野の渡図屏風」は、狩野派の絵師が描いた金びょうぶで、雪の中を旅する平安時代の貴族の姿が描かれ、裏には幕府の贈り物の特徴とされる金ぱくが貼られています。

…続きはソースで。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210605/k10013069061000.html
2021年6月5日 11時15分

38 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:02:44.04 ID:A6zCzvSt0.net

日本の美術品は渋いなw

3 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:31:03.06 ID:wpsOF1Dm0.net

明治維新で呼び戻された人だっけ

140 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 13:24:01.95 ID:UnfUedJ60.net

今の日本人はこんな美術品作れないよね

165 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 21:22:35.80 ID:gHoVdGe/0.net

>>163
義理よりは実際の血縁の方が優先だからじゃね
ボナパルト家の

14 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:39:06.76 ID:ZVLp6tdM0.net

将ちゃんならもっさりブリーフを贈呈

6 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:34:03.13 ID:dVAJ9jRd0.net

>>5
その点、中国の方がマシだよね(笑)

58 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:21:00.92 ID:b7b/bILV0.net

>>1
幕末の頃ってナポレオン政権だったのけ??

28 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:48:26.47 ID:T3TZMNXV0.net

幕府が北海道を担保にフランスから金を借りようとしたが失敗
落ち目の幕府がフランスのご機嫌取りしてても
フランスの方はすでに二股かけてたと渋沢栄一は冷ややかに回想している

27 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:47:41.99 ID:XxYMVc4+0.net

狩野派って琳派?
だったら外人好みだろう。

145 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 14:08:39.25 ID:v28Ag6z00.net

>>141
長州征伐で出陣してる最中に病没してしまった将軍に、暴れん坊されてもねぇ…
まだ慶喜の方が、暴れん坊将軍に似合ってる。

7 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:34:50.66 ID:NEHWRJT20.net

フランスからのピタゴラ暗号か

148 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 19:16:55.66 ID:D7jhwVCz0.net

たのしいたのしい美術史スレ

ところでふと思ったんだけどさあ
これはあれですか? 競馬好きの人士は知っていると思うけど
ナポレオン三世から徳川将軍家に贈られた
いわゆる「ナポレオン三世の馬」の逸話とは関係ない?

養蚕紙を送った返礼に贈られたおんまさんの話。パカパカ。
あれも家茂公の御世だと思ったけどね。
馬ってのは人間に負けず劣らず(?)血統が大事というが
そのもらったおんまさんから多士済済の子孫が出たとか
そういう話じゃなかったっけか?

瓢箪から駒、ならぬ、養蚕紙から駒www

29 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:48:31.45 ID:p/IGcFBh0.net

病弱将軍だっけ?

53 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:16:57.09 ID:Z8StCzYT0.net

フォンテンブロー城、駅から割と遠いから、バス出てるのな
ワイ、たまたま行った時は、閉まってたから、周り見学だけで(また行きたい

160 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 20:32:04.04 ID:gTGCbT6A0.net

>>156
甥なのに……。ちょっと出生疑惑はあるけど

174 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/07(月) 08:54:44.35 ID:5eIFGyXA0.net

>>173
小学生に戻って歴史の勉強やり直せ

130 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 12:25:37.30 ID:EcYsAB1I0.net

>>114
つまりイラストよね。日本の芸術っていつの時代でも漫画、アニメなんですわ。

115 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:51:13.28 ID:9/YchzXk0.net

>>114
北斎って今でいえば萌え絵師みたいなものだよな
現代人なら絶対にコミケに出店しているだろ

117 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:54:32.80 ID:veJT4II60.net

一方その頃のチョンは石器時代のようなあばら家で糞を食いながらアイゴーアイゴー言っていたw

80 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:43:34.21 ID:DZPRX+jV0.net

>>74
>一方、日本の「洋画家」は、まるまる西洋画家をパクった。

なんかスッゲー頭悪そう(笑)
ピカソだのセザンヌだの浮世絵と縁遠い画家をわざわざ恣意的に例に挙げてるし

48 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:08:10.42 ID:DZPRX+jV0.net

>>12
でも日本の浮世絵がフランスの印象派に与えた影響は特別なものがあるでしょ

63 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:22:57.86 ID:spOxjwjr0.net

行ってくるかな
旅費はよ

162 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 21:02:42.38 ID:ZPnRDKBW0.net

佐野の渡して群馬なんだ、平安貴族があの時代群馬歩くとか大変だろうな

172 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/07(月) 07:25:21.98 ID:DPXlkJsu0.net

>>155 文体見れば、だれだかわかるもんね。(´・ω・`)

136 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 12:33:21.24 ID:S2RJU4v40.net

114 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:43:58.80 ID:S2RJU4v40.net

葛飾北斎:彼の浮世絵はなぜ世界的な画家にも影響を与えたのか?

当時の常識からは考えられない大胆な構図。

遠近法を取り入れつつも主役にきちんとスポットが当たる手法。

強い色彩や独特な色合い

こういった様式は「ジャポニズム」と呼ばれ、西洋で大流行。

ゴッホ、セザンヌ、モネ、ゴーギャン、ルノワールなど、
世界的な画家たちにも多大な影響を与えた

74 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:35:35.16 ID:iMeDXTx90.net

>>48
ピカソにとっては浮世絵よりもアフリカ彫刻が重要だった。
セザンヌにとっても日本の影響はほとんどない。
ゴッホにとっては良い研究材料だったが、彼が浮世絵を描いたわけではない。
(ゴッホ流に模写はしたが)
一方、日本の「洋画家」は、まるまる西洋画家をパクった。

39 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:03:31.17 ID:zatZgEVU0.net

>>1
里帰りするか
買い戻して欲しいねニトリさん
<11
文化大革命の時は良いものは海外に売られている

109 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:26:41.51 ID:ELiQ5/D20.net

>>108
もっと言うなら、セザンヌやピカソよりも、クールベの方が重要じゃないかと思うね

そしてそのクールベの考え方がマネや後印象主義に影響を与え
その印象主義の自由な気風t筆触分割が、セザンヌを後の分解再構成に推し進めた

124 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 12:12:09.77 ID:hpirKYul0.net

>>116
熱心な薩摩は幕末以前の寺はほとんど壊滅なんだっけ
鎌倉武士の芋侍言われてた反動なんやろうか

159 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 20:30:18.58 ID:JpFPaiG80.net

酒にあげたのか?

31 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:49:13.40 ID:EcXzjEjL0.net

>>21
勝海舟が心酔してたくらいだからな

128 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 12:16:52.90 ID:ELiQ5/D20.net

中世の絵が浮世絵と似ているのは、平面的で輪郭線を強調するからじゃないかね
というより、どんな文明もみんな平面的だけどな

古代ギリシャとその影響を受けたローマやルネサンスが異常だっただけで

15 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:39:19.88 ID:ZT2XXJA20.net

徳川家茂って誰〜〜っ?
って言う見取り図的なネタスレかと思ったわ

155 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 19:54:06.22 ID:D7jhwVCz0.net

>>151
あらあらどうも、ご評価(?)カムサ

ウリがコテハン? もう文体がコテハンな気もするけどねw
まあ2ちょんはともかく他所のSNSとかでは
ネットなんかで高名な皆さんは名をあげたりマネタイズしたり
いろいろ物心ともに満ち足りようと汲々としているご様子。

もちろんこんな世の中、それが悪いとかダメだとは言わないけど、
ほら、ウリは親韓左派なんでw あくまでも2ちょんねらという
草莽民草のOne of themでいたいわけですよ。諸人こぞりて名無しさん。
大衆の中にウリはいる、ってねw まさに無名の一市民ってね。
スタインペックの『怒りの葡萄』の名台詞にもあるでしょう。
「どこにでも俺はいるんだ」ってあれさ。
(余談だが↑の名台詞の続きは必見ですなw)

まあ少々自意識過剰な自己陶酔的なカキコになる前にやめときますが
芸術とかね、歴史とかね、猫のスレには大抵いて誰も読まない長文を
シコシコと書いてたりするんで「またばかやってんなあ」とでも思ってくださいw
(あ、ただね、今週はちょっとあまり2ちょんに来られないのは遺憾とします)

以上、過疎スレではあるがゆえの饒舌な私信につきsage

96 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:05:34.43 ID:sXEH5amZ0.net

4000000年の歴史?!

134 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 12:31:43.13 ID:UC6EY79p0.net

>>8
フランスじゃない?

83 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:46:14.66 ID:Z2INq6St0.net

高橋由一の鮭に元ネタあるのか?
あったらあったで見てみたい

166 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 22:58:28.52 ID:0kyweF8w0.net

>>156
ほう、興味深いな
詳しく教えて欲しい

100 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:08:07.34 ID:dwk4RfIX0.net

隈研吾の茶室、吹き矢禁止なw
 

25 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 09:47:19.62 ID:R7ZCgE3N0.net

>>11
東京国立博物館でやった中国国宝展も、全て墓か遺跡の出土品だったもんな
そりゃ素晴らしくはあったが

90 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:58:23.34 ID:Z2INq6St0.net

>>86
高橋由一例に出してみたついでに「豆腐」見てみなよ
凄い個性やん

104 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 11:13:59.89 ID:UXSCaFvE0.net

>>98
4,6,7って知名度高いか?

46 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:06:21.13 ID:ONrPHkiF0.net

ショボい屏風だな。

59 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:22:03.41 ID:Z2INq6St0.net

>>55
高校世界史レベルでは対外政策アレな印象しか無かったけど内政は良かったみたいね

84 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:46:53.12 ID:ifqfmW/j0.net

>>1
空飛ぶ茶室って、野村萬斎が開会式に出した案にあるらしいけど、今回は没案からからかな。
結局、パラリンピックから乗っ取った人の案で開会式やるのか。

143 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 13:48:32.30 ID:cnX4+JNr0.net

慶喜「将軍やりたくねー」

142 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 13:29:25.78 ID:+7fi3h9N0.net

>>5
そもそも自国の文化財も残ってない国なんだからしゃーないだろ・・・

45 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:06:01.64 ID:Ihjg8ZsC0.net

幕府はフランスを頼みとし、薩摩は英国と気脈を通じていた。日本列島で英仏
の代理戦争が行われる危険性が大いにあったが、西郷と勝はその危険性を察知
し可能な限り血を流さない革命を成就させた。この世代の先人の英知は凄い。

68 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/06(日) 10:27:41.80 ID:uzEeSGjm0.net

家茂はもっと評価されてもいい
長州征伐に失敗したが、薩摩のせい
少なくとも家茂なら鳥羽伏見で真っ先に逃げたりしない
家茂と孝明天皇の仲は非常に良かった
奥さんは皇族。家茂が長生きしていれば、そして家茂の息子が十五代将軍になっていれば・・・。
公武合体が果たされ、明治維新は失敗、日本は封建制のまま世界大戦を迎える。
どこかのタイミングで民主化すれば高度成長期も来る。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。