未分類

【朝日新聞】海軍最後の大戦果インディアナポリス撃沈 大喜びの乗組員も880人の犠牲知り複雑な思いに [みの★]

1 :みの ★:2021/06/08(火) 09:17:32.50 ID:GTR9UZ649.net
 太平洋戦争が終わる半月ほど前、旧日本軍の潜水艦「伊58」は米国の巡洋艦インディアナポリスを撃沈した。大戦果に、ある乗組員は当時大喜びした。しかし戦後、憎しみが憎しみを呼び起こしていたこと、想像以上に多くの人が犠牲になったことを知り、複雑な思いを抱くようになった。

 「インディアナポリス撃沈」。清積勲四郎さん(92)=愛媛県松前町=の自宅の客間には、そう大きく書かれた皿が飾られている。知人が作ってくれた皿だという。自宅にはインディアナポリスの悲劇を描いた映画のDVDや雑誌のコピーなども取ってあった。

 愛媛県の出身で、15歳で海軍に。山口県にあった潜水艦の乗組員を養成する学校を卒業し、1945年2月、潜水艦の伊58に配属された。16歳。上官の指示に従って働く従兵だった。

 伊58は沖縄へ向かったのち、広島県呉市の母港に戻り、7月にフィリピン方面へ。29日夜、黒い艦影を捉えた。清積さんは潜水艦の浮き沈みを調整する先輩兵のそばで、じっと指示を待った。

 魚雷発射後、伝声管を通じて「命中」と聞こえた。「やった」。心の中で思った。

 前日も敵の大型油槽船と駆逐艦を見つけていた。搭載していた人間魚雷「回天」が出撃し、2人が犠牲になった。

 今回は日本側の犠牲はなく、しかも大型の軍艦。赤飯でお祝いしたという。

 「回天の時は、ニコニコできないわけよね。インディアナポリスを沈めた時は万歳だよね」

 日本に戻ったのは終戦後。そこで敗戦を知った。

…続きはソースで。
https://digital.asahi.com/articles/ASP656Q76P5QTIPE00Y.html
2021年6月6日 16時30分

188 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 16:47:05.47 ID:83imP0uX0.net

>>49
アメリカ軍による救出が遅れた理由だよ。
日本軍なら普通に見殺し*例外キスカ

87 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:51:28.21 ID:uxJ5G39V0.net

>>77
もしそうなっても、通常爆弾で焼き払われてソ連参戦で降伏の流れは変わらなかったと思う

137 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 12:39:15.39 ID:gE08QLJ10.net

アメリカが降伏させなかったとかホザくキチガイが今だにいるんだなwww

・1945年5月9日16時 前日のドイツの降伏を受け、臨時閣議
日本政府は「帝国政府声明」を発表
「欧州における戦局急変は帝国の戦争目的に全く変化を与えない」
自存自衛のために戦争を継続する」
「米英の非望を破砕し以て東亜の安定を確保せんことを期す」

・1945年7月27日、最高戦争指導会議及び閣議
ポツダム宣言の発表を受け、政府はソ連から和平交渉の仲介につ
いて回答があるまで静観し、受諾も拒否もせず、公式見解は発表
しないことにした。
阿南惟幾(陸軍大臣)はポツダム宣言の全面拒否を主張。
昭和天皇「このまま受諾するわけにはいかざるも、交渉の基礎と
なし得べしと思わる」

・1945年7月28日、大本営政府連絡会議
阿南惟幾(陸軍大臣)、豊田副武(海軍軍令部総長)、梅津美治郎(陸軍参謀
総長)がポツダム宣言非難声明を出すことを政府に要求。
16時、鈴木貫太郎首相が「共同声明はカイロ会談の焼直しと思う、
政府としては重大な価値あるものとは認めず「黙殺」し断固戦争
完遂に邁進する」と表明

ポツダム宣言公表を受け、新聞各社は
読売が「笑止、対日降伏条件」、毎日が「笑止!米英蒋共同宣言、
自惚れを撃破せん、聖戦飽くまで完遂」「白昼夢 錯覚を露呈」
などの見出しとともに報道した。

224 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 22:37:41.33 ID:7nd3OlAg0.net

東条内閣以前から情報統制を行っているはずなのに朝日新聞の戦争を煽る論調は何故統制規制されなかったの疑問点がある。
過敏な外交交渉をしているのに朝日新聞の戦争を煽る紙面になれば外交の結果次第では暴動を引き起こす。
好戦的論調は規制外?

81 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:43:40.33 ID:97l2/cwY0.net

>>1
中共「やれっ」
朝日「はいっ」

77 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:37:36.93 ID:9EgLo5gj0.net

アホか、核爆弾輸送の往路でヤっておけば良かったと後悔したんだよ

77 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:37:36.93 ID:9EgLo5gj0.net

アホか、核爆弾輸送の往路でヤっておけば良かったと後悔したんだよ

216 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 21:34:50.61 ID:7nd3OlAg0.net

陸軍と海軍に分かれ、縦割り行政だったのも全体として退くを知らずイケイケどんどんになった可能性もある。
将官は自分の手柄を立てるのに走る。

143 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 12:57:25.85 ID:ufeeXdQu0.net

>>135
リスカムベイとジュノー

37 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:40:23.98 ID:SNzBIAxi0.net

戦艦大和の主砲削り出した大型旋盤の輸送費 呉市が7200万円募る
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=761573&comment_sub_id=0&category_id=112

ドイツ・ワグナー社製 大和ミュージアムに展示する

134 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 12:28:21.98 ID:ufeeXdQu0.net

>>128
インディはスプルーアンスの指揮下にあり一方レイテの港務部はマッカーサー
の海軍の第七艦隊。
指揮系統が全く異なる上に行動中の軍艦は無線封止が原則。
更に被雷時の衝撃で無線機が故障してSOSが打てなかったことなどが総合
して起きた悲劇。

212 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 21:24:33.11 ID:7nd3OlAg0.net

オーストラリアを制圧しようとしたのかガダルカナル島に兵力を集中させ総力戦を行ったのも兵力を疲弊させた。
兵站があまりにも伸びすぎ広がり過ぎだった。インドネシアやフィリピンに防御線を引いて中にいれさせない作戦が必要だった。
あまりにも快進撃が続いたので引くを知らなかった。満州事変からイケイケどんどんが続き過ぎた。ノモンハン事件とかあったが。

161 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 14:47:48.72 ID:TdxLPxyl0.net

>>150
> そんな状態になっても降伏しない日本政府が悪い
↑に対するレスであり、ごちゃ混ぜにしないでもらいたい

アメリカが計画していたのは焼夷弾による無差別な先制空襲であって
これはシェンノートが中国で指揮を執り
実際に爆撃機もインド方面を経由して集結しつつあり、机上だけの計画ではない

27 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:34:38.66 ID:LIkw5NMB0.net

今だから終戦半月前だとわかるが
当時は本土決戦状態だから
一隻でも撃沈するのが潜水艦の役目だろう

30 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:35:02.24 ID:1S3QbJG20.net

対馬丸や樺太3船引き揚げに比べれば・・

56 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:01:55.06 ID:jbW0DHJW0.net

「ジョーズ」はでてきても「パシフィックウォー」はでてこない

215 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 21:34:06.81 ID:5BvWSfDw0.net

>>211
ミッドウェーは敵機動部隊の誘引には成功してるわけで
作戦そのものはあんま問題ないかな
第二機動部隊を別行動させたのと
暗号を解読されてたのがチョンボってだけで

203 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 18:06:35.23 ID:p4XnQR/l0.net

>>195
真珠湾攻撃は山本五十六の押し通した大作戦なのに、
君のように朝日新聞の功績にしてしまっては、山本が気の毒というものw

6 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:22:16.34 ID:cV8yDqLH0.net

機嫌よく話してたら、でもあなたたちのせいでいっぱいしんでるんですよ、って横から反省をうながしたんだろうな記者が

204 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 18:24:49.45 ID:C0/NOIRZ0.net

🦈🦈🦈🦈🦈

34 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:36:47.56 ID:bkCClNQu0.net

まあこういう人たちの誇りも苦悩も、そこにいて一緒に命を張らなかった我々には想像すべくもないし、ましてや批判もできるものではないな

ただ言えるとすれば、それは戦争で、国家の要請によりなされた公務であり
通常の戦争行為の範囲を逸脱しない限りは、個人的に責任を感じ思いつめる事もないと思う

142 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 12:48:52.59 ID:gE08QLJ10.net

・1945年5月8日 トルーマン大統領が対日声明文を発表
「我が攻撃は日本軍が無条件降伏するまで断じて中止せず」
「無条件降伏は日本国民の抹殺や奴隷化を意味するものではない」
「軍部の権力を消滅させ、兵士たちは家庭に、農場にまた職場に復帰できる」
後に声明文とトルーマンの写真が印刷されたビラが米軍機から日本各地に撒かれた。

・1945年5月8日〜8月2日
週に一度、ザカライアス放送として短波ラジオを通して日本に
無条件降伏を促した。放送内容は5月8日のトルーマン対日声明や後の
ポツダム宣言の一部と同じであった。
日本政府は放送を傍受していたが国体と天皇の地位に言及がないこと
から完全に無視。

207 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 18:54:38.36 ID:1iB1LIyf0.net

重巡沈めて880人も海の底に送ったなら複雑な思いなんてねーよ
日本の輸送船なんて目的地にもたどり着けず海の底なんだから

39 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:42:14.29 ID:LbrWKwFj0.net

>>37
これ旋盤なのか
トンネルを掘る機械かと

196 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 17:20:21.30 ID:O9qtyKy50.net

>>190
陸の場合、占領地とか支配地域やな

29 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:34:53.00 ID:1hJCZ57b0.net

>>21
原爆一発の犠牲者を忘れてるぞ

131 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 12:12:57.31 ID:PYo8ob5E0.net

昔、図書館でこの事件の本読んだな
たしかアメリカの中学生だか高校生がこの事件調べて艦長の名誉回復に導くんだよな

195 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 17:17:08.46 ID:7nd3OlAg0.net

真珠湾奇襲を聞いたチャーチルが喜んだと日記に記しているとか真珠湾では空母はよそ持っていていなかった。朝日新聞は煽る。はめられた。

147 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 13:10:26.50 ID:TdxLPxyl0.net

>>106
日本のハワイ攻撃より以前に
アメリカは日本本土の空襲計画を作成してた
それは実際に行った空爆と内容ほぼ同じ

217 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 21:43:05.11 ID:XO4k92mi0.net

>>189
相手が経済封鎖でガチに殺しにかかってきたから、回避不可。
日本の上層部は相手が悪すぎたから、やりたくはなかったのだがね。
日本の東アジア制覇の野望とアメリカの太平洋を手中にという野望がぶつかっただけの話。

178 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 16:25:49.84 ID:7nd3OlAg0.net

今でも空母を建造している国があるが、ミサイル一発で一兆円が消えてしまうのでないか。
ミッドウェーで4空母と航空機と訓練を受けた搭乗員を失ったが国家予算の半分に近くを一挙に失ったと言える。

機雷と潜水艦に力を入れてグアム島やサイパン島・テニアン島に防衛線を引いて米国の艦船を内に入れない作戦が必要だったかもしれない。
これで南方への護送船団を守る敵潜水艦の東シナ海・南シナ海への侵入を食い止める。敵の空襲の拠点になる島を守る。兵站を守るに徹すれば幾分フィリピンを返すからと停戦に持ち込む手立てもあった。

ミッドウェーまで出向いて4隻の空母機動部隊を精鋭を全部失ってしまった。山本五十六連合艦隊司令長官には失礼だが。

228 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 22:54:23.39 ID:XF23iVip0.net

去年、ニコラス・ケイジが主演を務めるインディアナポリス号の悲劇を描いた映画をレンタルで借りて視聴したけど、
ダイエットにはいいかも。
見終わったら、2〜3キロ減っている。
そのぐらい重苦しい。
撃沈の時点で卑さん。前日に沈没の恐怖を話していた調理場の水兵たちがいきなりもがきながら死んでいく。
助かった水兵たちも、ボートが一艘しか残らなかったため、1日中立ち泳ぎさせられ、力尽きて一人ずつ溺死していくか、
そうでなくともサメに食われる。
艦長役のニコラスケイジも戦後、水兵たちを置き去りにして一人で逃げたとみなされ、有罪になり、
妻はマスコミや民衆のいやがらせによるノイローゼで自殺。
沈没直後に独りだけ食糧の詰まれたボートに乗り、偉そうにしていた副艦長がなぜか英雄扱いされ、
ニコラスケイジは最終的に自殺するという胸糞作品。

67 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:15:12.53 ID:iDVm7v9b0.net

>>1
戦後はGHQの検閲を受けていたクセに「報道の自由」「民主主義」を騙る
アメリカへの忖度と提灯記事で紙面を飾り続けた
未だに謝罪、訂正、記事取消なし

60 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:05:54.37 ID:BrSv0QsF0.net

軍人だもの生も死も甘んじて受けるべき

23 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:32:39.52 ID:QT2ajniD0.net

>>1

戦争はいけないっていうのはわかるが、なんで中国には言わないの??

175 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 16:14:51.17 ID:O9qtyKy50.net

>>15
それやったら純粋に体力差で押し切られてた

艦隊決戦で勝って相手が講和を求めてくるのだけが勝ち筋というか
引き分け筋だったんだけど、それもアメリカが本気だから無理だった
なのでそもそも開戦にいたったのが敗因

166 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 15:31:11.94 ID:I1st/saK0.net

>>164
防戦すら満足にできていない
相当前に本土の戦闘能力は失われていた
中国には多数の兵力を展開していたが、すぐに戻れるわけでもない

211 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 21:10:50.60 ID:7nd3OlAg0.net

山本長官には酷だがミッドウェー海戦はかなり反対もあったとか。真珠湾奇襲をさせた英雄になってしまったので案が通ったらしい。

ミッドウェーまでのこのこ行って罠にかかり主力の機動部隊半分を失う大敗だった。国家予算の半分に近いとか。

素人考えでもグアム島やサイパン島・テニアン島に防衛線を引いて米国の艦船や潜水艦を東シナ海・南シナ海の制海権・制空権域に入れない作戦が必要だったと思われる。

快進撃の後は防衛線を引いて兵站の護送船団を守り、生産力をアップさせる。
歴史にもしはないが挑発の乗ったのが一番いけなかった。防衛線を引いて早く調停工作に入る道を探るべきだった。

31 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:35:46.24 ID:mGzhravz0.net

>>21
勝てば官軍、負ければ賊軍だからだよ!
日本が負けたから、いくら死のうが日本が悪

103 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 11:09:27.84 ID:aGdrrzOW0.net

>>47
日本のほうが先に始めてる(宣戦布告もなしに)
規模が及ばないだけ

112 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 11:18:03.31 ID:aGdrrzOW0.net

>>68
>回天側は誰も死んでない

170 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 15:58:41.76 ID:7nd3OlAg0.net

日本は張作霖を暗殺しなければ張学良にも恨まれず日中戦争も日米戦争も無く、国内の貧困を顧みず朝鮮や南満州鉄道の投資した権益を失ずに済んだかなと思われる。
日本・朝鮮・台湾と南満州権益だけでも米国に伍していけたと思う。今の三国合わせた経済力は米国と肩を並べる位はある。
張作霖を満州に孤立するように支配者とした君臨してもらえれば、
張作霖もソ連の南下に対峙するには日本からの軍備増強が必要だから満州全域を支配化に置かずに満鉄の線路モンゴル方面に敷く権益を手に入れて、
満州と中国本土の間に鉄道の長城を築いて張作霖を満州に孤立させる手立てはなかったと思う。張作霖を葬ってしまったらソ連との対峙で全満州の支配が必要であったとも言える。
歴史は変えられないが、軍部の独走が禍根を残したと言える。
暗殺の首謀者河本大佐退役し、終戦のどさくさの中で大陸で亡くなったとかだが。満鉄の権益を守るために国益でやってしまったようだが悔やまれる。
満洲国建国を成功させた石原莞爾が出世したのがいけなかったようでもある。これに刺激を受けた天津守備隊がまた独走して日中戦争が深入りしてしまった。
中国全土支配化に置くとか完全に無理でドイツやアメリカも権益の独り占めは許さず、破局は予想されたかもしれない。

119 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 11:45:16.61 ID:EHXDFxcO0.net

原爆落とした方はどうなのかなあ?

125 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 11:57:56.88 ID:fjyd27zN0.net

>>115
そうなら、一応、貧弱ながら高射砲陣地が配置されていた
日本の都市への市民殺傷を目的としていた
B29の爆撃は甘受すべきだね。
当時の重慶は、貧弱な防空陣地しかなく、
現実には、市民殺戮により蒋介石を筆頭とする国民政府の
戦意低下を狙ったものだった。
結果は逆効果で、増々、日本は泥沼の日中戦争に
巻き込まれ、96式陸攻の被害や熟練搭乗員、指揮官クラスの
戦死も少なくなかった。

232 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 23:22:44.32 ID:ufeeXdQu0.net

>>230
従兵と書いてあるので普段は上官の身の回りの世話をし戦闘時は
バラストタンクをコントロールする部署に配置されていた。

43 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:43:54.73 ID:dLkFf37O0.net

悲しいけどこれって戦争なのよねえ

63 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:08:29.77 ID:0h+2MFM30.net

おめでたい話
その何百倍も殺さているだろう
そういうのが嫌ならはじめから戦争をしないで
逃げ回っていればよかった

2 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:19:33.20 ID:LovJAUiB0.net

煽ったのを自慢?

53 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 10:00:16.00 ID:RM/d+5Rz0.net

>>47
日本家屋や街並みをセットで作って
どうしたら効率的に焼き払えるか
研究してた

45 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/08(火) 09:45:22.09 ID:ZhSdHUQG0.net

互いに戦わされる底辺捨て駒の若い兵同士では、敵の無様な敗北は同時に、自分自身の明日の光景でもあり陰鬱な気分になるわけだわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。