未分類

【古代】邪馬台国「筑紫平野の連合」 数十のクニの一つ 「倭には三十国あり、そうした国々が共同で擁立したのが女王・卑弥呼」 ★5 [樽悶★]

1 :樽悶 ★:2021/06/01(火) 13:48:33.07 ID:D84u5vT79.net
資料を広げて「筑紫平野連合説」を説明する片岡さん

 今なお所在地を巡り、近畿説や九州説などで論争が続く「邪馬台国」について、小郡市埋蔵文化財調査センターの片岡宏二所長(64)が唱える「筑紫平野連合説」が注目されている。邪馬台国を含むクニの連合が福岡、佐賀両県に広がる筑紫平野にあったと見る説で、講演依頼が増えたり、全国放送のテレビ特集で取り上げられたりしている。

 片岡さんは北九州市戸畑区出身で、早大で考古学を専攻。小郡市に入庁後も邪馬台国を長年研究。発掘実績などを基に、北は筑紫野市、南は大牟田市、東はうきは市、西は佐賀県武雄市まで広がる筑紫平野で確認された数十か所の環濠集落がネットワークを形成し、邪馬台国連合をつくっていたとする説を約10年前から唱えている。2011年と19年には関連本を出版した。

 同連合説は、3世紀頃の日本を書いた中国の歴史書「魏志倭人伝」に、「倭には三十国あり、そうした国々が共同で擁立(共立)したのが、邪馬台国の女王卑弥呼」と表現している点に着目した考えだ。

 筑紫平野の集落遺跡では、鉄や青銅器などを1か所で製造せず、分担してそれぞれのクニで製造し互いに供給していたとみられることが、「一つのクニの連合だった証しになる」という。

 ただ、卑弥呼の墓とも言われる「箸墓(はしはか)古墳」(全長約280メートル)のある纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)などを根拠にした近畿説の研究者からは、筑紫平野には3世紀頃の大規模古墳がないことから、「筑紫平野に限ると、邪馬台国のスケールが小さ過ぎる」との批判もある。

 これに対し、片岡さんは「『共立』とは同規模の多くの国が共に立てたことを意味する。大きな古墳を造れる強国が一つあれば、『共立』は使わない」と主張する。

 「邪馬台国は強国」とのイメージを覆す片岡さんの説は、1月に放映されたNHKのBS番組で紹介。オンラインで東京のカルチャーセンターの講師を依頼されるなど反響を呼んでいる。

 片岡さんによると、邪馬台国論争では、近畿説が優勢だったが、最近、関西でも九州説を支持する研究者が出てくるなど盛り返してきたように感じるという。

 片岡さんは「強い国がリーダーというのは現代的な考え方。古代には同規模のクニがたくさんあり、話し合いで女王が選ばれた。今の日本人にも、社会のあり方を考えるいい機会になると思う」と話し、今後も新著で自説を紹介する考えだ。

読売新聞 2021/05/26 05:00
https://www.yomiuri.co.jp/local/fukuoka/news/20210525-OYTNT50072/

★1:2021/05/29(土) 23:05:41.25
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1622459085/

511 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:58:14.73 ID:7APKowEV0.net

>>501
丹生媛神社が紀伊半島の伊都郡、青玉もとれる畿内には敵わないよ。
しかもモモソの時代に河内を収めていた豪族が河内青玉。玉手山が畿内には河内と葛城があるのは鉱物資源の宝が取れたからに他ならない。

152 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:12:00.71 ID:pGA3N8dn0.net

>>150
重なってることは重要な情報

218 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:49:34.83 ID:pWPtNAbZ0.net

>>213
涙拭けよキチガイ三島由紀夫コースwww  

三島由紀夫が図星でこたえるらしいから
これからもどんどんしつこく言うわww

ザマァwww  
 
>>204
お前が消えろウソつき野郎w

隋書
「都は邪靡堆、魏志の説に則れば、邪馬臺というなり。古伝承では、、」

 

28 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:02:26.90 ID:pMr+H+CT0.net

卑弥呼は渡来人の使者相手に売春して古朝鮮の先進文化を手に入れていたらしいねw

758 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 21:27:49.84 ID:nQCkXzBC0.net

畿内説は、ある日突然7万戸の邪馬台国が出来たとでも言い出すのでしょうか?
住居跡も無いのに「大集落」だったと言い張ってますが
あからさまな霊感商法ですよね

403 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 17:50:28.14 ID:pjZEh6Wn0.net

>>395
那珂川市方面が不弥国だな。

844 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 22:12:06.10 ID:Gt3vqfpZ0.net ?2BP(1000)

https://img.5ch.net/ico/nida.gif
奴国が早良区と言う説は無いな、早良区が伊都国の一部なら納得出来る
奴国は春日市から博多区比恵付近までが有力な説だな
不弥国が那珂川市というのは珍説と言う事だな
那珂川市で戸数僅か300戸しか無い訳が無い、
那珂川市は奴国の一部と言う事だ

767 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 21:32:31.31 ID:Rl8b+r5d0.net

>>761
>だから今はそれ以外のところに違いないと思ってる

素直に、「阿波」と言えばいいものをw   @阿波

145 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:08:48.12 ID:NeBibVkY0.net

じーさんばっかw

444 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:12:56.46 ID:7APKowEV0.net

中国人の興味は第一に丹だから、鉱物資源だよ。今でもそれは変わらない。
紀伊半島が目的地だね。

740 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 21:17:51.04 ID:vQ5G2rkp0.net

崇神は御間城であり邪馬台国の副長官彌馬升で確定している。
コレが四道将軍を派遣した範囲が、
丁度纏向の外来土器の出土状況に一致するので、
中国地方〜関東まで制していた纏向政権ではあるが、
邪馬台国では副長官の地位に留まっていたのだ
という当時の政治が魏志倭人伝から読み取れるのである。

164 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:18:15.87 ID:dO8CjDeb0.net

>>100
9割以上未発掘だからな

331 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 16:53:58.25 ID:pWPtNAbZ0.net

>>320
ヤマトだな
山門のこと

431 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:04:18.32 ID:9crkQ0qL0.net

>>430
狗奴国の所在地は邪馬台国の南だが

162 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:17:48.88 ID:4OxGeX/80.net

>>147
こんなこというと精神未熟な発狂者が続出するので名前を出すのは申し訳ないのだが

飛騨の口碑があるだろう
この口碑の伝える通り、今でも即位式に天皇が持つ笏は飛騨の位山のイチイの木からつくられるし
出雲大社の神楽や、なぜ江戸時代まで宮司が水葬だったのか、とか元伊勢って何よ、とかいろいろ説明がつく

ウエツフミもサンカから聞き出した口伝を記したもの
ウガヤ王朝第〇代が祀られる神社とか葬られたとされる古墳とか宮崎大分のあちこちにある

これだけ書くとすさまじい勢いで精神薄弱のバカどもがギャンギャン言ってくるのだが

932 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 23:02:22.90 ID:nQCkXzBC0.net

>>927
何の根拠も説明せずいきなり脳内妄想ワールドを詳細に話出すんだよなw

83 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:42:20.15 ID:s09TZP5N0.net

>>75
まあ、休息、避難地、食料確保もあるから
日数掛かる。そういう記がないので
大雑把に聞いただけかもね。

424 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:00:30.49 ID:Gt3vqfpZ0.net ?2BP(1000)

https://img.5ch.net/ico/nida.gif
>>399
奴国から不弥国まで100里と記載があるが
奴国から北九州や大分にたった100里で
行けると思っているのかな?
1里は何mくらいと考えているのかな?

298 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 16:33:59.55 ID:Z/94GVt20.net

話し合いで女王が決められたのが失敗したから、強国がリーダーになった。

898 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 22:48:38.45 ID:VQWBbEgO0.net

>>887
古墳の形状で言うなら
北九州にあった文化風習を
畿内の方が取り入れたという風にも考えられる
必ずしも畿内が主、九州が従だったとは限らない

324 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 16:50:09.92 ID:pWPtNAbZ0.net

>>211 
お前は完全にイミフ  
南へ水行十日陸行一日だよアホ

水行三十日陸行一日で東行なら奈良だったかもなw

ね?近畿パーってただの低脳でしょ?

デタラメ言って、直ぐ論破されてただファビョるだけ>>224

何この惨めなゴミクズチョン

wwwwwwwwwwwww

>>223
糞食ってろウソつき三島由紀夫コースwwww

 

134 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:04:23.72 ID:NOOtz/jp0.net

昔の史料って結構間違いとか多いのよな
江戸時代の集落地図ですら違うじゃんってことは多々あるw

114 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:56:32.72 ID:pGA3N8dn0.net

>>111
日本語のウミに海という字をあてただけ

936 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 23:04:32.19 ID:OgnnFfa50.net

>>923
どうでもいいという考えも尊重し得るが、それに興味を覚える人々を愚弄して良いわけではない

384 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 17:41:14.26 ID:qDgkbKEA0.net

またボクちゃんの推察する邪馬台国ネタかよ

261 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 16:15:57.60 ID:8R4ASd+00.net

>>253
そうそう
あと藩政で国替えとかしてるから、
土佐高知は文化めちゃくちゃになってる

これと同じことが排除できないからね
ヤマトなんて日本中にある地名で東京にもあるから

975 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 23:30:24.94 ID:8YoAtFpt0.net

>>89
邪馬台国は考古学上の存在じゃないぞ。
考古学だけでわかるのは日本各地にある遺跡と国のことだけだろ。

133 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:04:01.19 ID:8R4ASd+00.net

>>124
豆どころかそのまんまで、
侏儒というのはコビトというが、
これを英語ではdwarfという。
> ドワーフ小人、矮人、侏儒、あるいは単に小人と訳されることもある。

発育異常で手足と胴体は短く顔だけ老けるからな
それゆえジイさんに物語では設定される

侏儒は中国語だが差別的なのでコビトと日本語では使うようになった
> 小人症(こびとしょう、dwarfism)とは、
著明な低身長を示す病態のこと。
侏儒症(しゅじゅしょう)とも。

574 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 19:33:37.56 ID:9crkQ0qL0.net

>>568
逃げ回ってないで>>530に早く答えろよ

375 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 17:30:55.80 ID:ycQ3Jmmu0.net

>>370
なんで滋賀県に古墳や遺跡がある狗奴国が九州南部にあるんだよバカ
九州にいたのは熊襲だろw

448 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:17:04.25 ID:pGA3N8dn0.net

お天道様が見える限り、日数と方角だけは間違えるめえ

793 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 21:42:00.09 ID:mQH5Mb4d0.net

>>789
彫りの深い美形遺伝子持ちだからワキガでもお釣りが来る

429 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:02:17.50 ID:pGA3N8dn0.net

>>416
倭が東征して南西して朝鮮に進出するくらい軍事的に強かったからじゃね
倭が奈良に負けたというより倭が東西分裂して東倭が栄えたという方が説得力がある

470 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:29:42.71 ID:2WArFRSm0.net

中国・四国・九州が本当の日本
対立する異民族アイヌ人は東北だけでなく関東まで領域

日本人とアイヌ人の緩衝地帯が東海・近畿だったけど…
稲作経済力や貿易・外交の成熟化で緩衝地帯(日本人とアイヌ人の雑居、混血地域)を直接支配下に置いて統治するために東征したのが日本の古代史

その後は江戸時代までの間ずーっと近畿を日本の中心にしていたが新しく東京遷都して更に日本の中心を東へ移したのが近代史

東京大学が九州説、京都大学が畿内説が多いのはコレが因果関係

928 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 23:01:12.20 ID:OdYzmn0k0.net

親魏倭王の印って見つかる可能性あるの?
教えて学者さん

104 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:50:35.99 ID:8R4ASd+00.net

>>54
侏儒国は
この辺か、
>謎に包まれたヒト族「ホビット」
「ホビット」とはインドネシアのフローレンス島リヤン・ブアという場所で生息していたとされる、超小型のヒト族につけられたニックネーム。
2004年に発見された1mほどの小人ホビットの化石の存在は世界中に衝撃を与えました。
人類(ヒト族)は猿から進化して、原人→旧人→新人と進化を続けてきたことはご存知のとおりです。
それまで見つかっていた原人はとても大きかったのに対して、フローレンス島で見つかったフローレンス原人は小さかったのです。

あるいはサル。ゴリラを原人と間違えてたから、16世紀の白人も。

597 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 19:43:55.57 ID:9crkQ0qL0.net

>>590
まさしく>>572の指摘どおりのオナニーでワロタw

73 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:34:46.91 ID:pGA3N8dn0.net

>>66
それ海岸沿いや川を移動って意味じゃね

734 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 21:13:30.00 ID:7APKowEV0.net

>>722
倭名抄には畿内には山直郷が複数見えるのだが?
何しろヤマダイだからな、読み方。しかも横には葛城高額郷だよ?神功皇后の母親の名前。
まあ畿内で決まりだよw

922 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 22:58:07.82 ID:ApK5SWf00.net

専門家は畿内で談合してるからって訳すの?

128 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 15:01:31.11 ID:QXUommGS0.net

>>109
日本の考古学は逆で出てきたものを偽書記紀にすりあわせる
なので偽書記紀と考古学の成果に矛盾が生じない
大阪歴博は前期難波宮とか法円坂遺跡で反逆してるけど

99 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:49:10.34 ID:8VMgIWzk0.net

三国志(演義)でも、海なんてひとつも出てこない。
彼らにとって水とは川だ。海は特別だったので海の場合は「海」と明記したのだろう。

実際、三国史で海とわかるように書かれずに海の記述は一つもないんだよ。
一つでも例があったらあげてみろ。ないんだよ。

484 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:37:59.26 ID:m9lQ2cAm0.net

>>479に加えて言うと、その碧玉を使った玉造り工房が伊都国から見つかっている
しかも地元ではほとんど使われておらず輸出用
魏志倭人伝の描写は北部九州に完全に一致している

http://www.yoshinogari.jp/contents4/files/1412321758_5.pdf
> 玉つくり工房群の発見
> 平成 16 年度に行われた潤地頭給遺跡の発掘調査では、これまでの想定を覆す大発見があった。玉つくり工房群である。
> 調査した弥生時代終末〜古墳時代前期の 30 棟近くの竪穴住居から、碧玉、水晶などの原石、製作途中の勾玉、管玉、丸玉や剥片、叩き石や工作台、
> 玉の整形に用いた砥石、穿孔用錐など、玉つくりの工具が出土した。
> 石材の主流を占めるのは碧玉で、科学分析によってその原材が出雲の花仙山産であることが明らかとなった。
> 集落から出土した土器の中に出雲特有の土器が多く含まれていることから、この工房の運営には出雲の玉つくりの工人たちが関与していたとみられる。
> 弥生時代終末〜古墳時代前期において、これほど大規模な玉つくり工房は国内では知られておらず、当時、わが国最大規模の工房だったとされる。
>
> ところが、当時伊都国をはじめとする北部九州における装身具への嗜好は、平原王墓に代表されるようにガラスであった。
> ガラス製勾玉や大量のガラス小玉を用いた首飾りが当時の権力者たちのステイタスであり、逆に玉製装身具は伊都国での需要度は極めて低かった。
> 「倭人伝」には、当時の倭地の産物のひとつに「真珠」や「青玉」があげられている。
> 「青玉」は碧玉製の玉だったと考えられ、輸出品の一つが碧玉の玉だったことがわかる。輸出用の「青玉」つくりの最前線であった可能性は極めて高い。
> このことから、潤地頭給遺跡の玉製装身具の供給先は海を越えた大陸側にあったと考えることができる。
> 問題はこの工房群を運営した主体をどのように考えるかである。伊都国が管理していたのか、邪馬台国であったのか。
> 当時のわが国の政治情勢を探るうえで極めて重要な課題である。

485 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:38:37.97 ID:Gt3vqfpZ0.net ?2BP(1000)

https://img.5ch.net/ico/nida.gif
>>473
奴国がその位置では那珂川市は東にはならんぞ
かなり南に向いている。

445 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 18:14:19.23 ID:m9lQ2cAm0.net

>>444
>>427で論破済み
倭が水銀朱の産地なら魏から水銀朱が下賜されるわけがない
相手国の特産品を贈るバカはいない

998 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/02(水) 00:35:39.08 ID:Kwbz9yMZ0.net

>>996
あはは
自分の頭で得考えられない愚かな奴。
てか、魏志倭人伝の原文すら読んだことないだろ?
バレバレ

819 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 21:52:21.97 ID:pjZEh6Wn0.net

纏向遺跡は5世紀以降の遺跡だからな。

59 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:25:35.01 ID:mCI5VYhW0.net

>>52
万葉集の頃のヤマトの場所がわかっても...

294 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 16:33:22.72 ID:8R4ASd+00.net

>>281
まあそれはギルガメシュ自叙伝読むと、
ふつうに河川の氾濫をさしてて、
丸パクリとわかったんだけどね

仮に氷河期の終わりだとしても紀元前1万5千年のソロモン王より昔に一旦水が溢れて、100日で引いたってのは氷河期短すぎる

あ、どの国にも洪水神話があるのは、
洪水がどこでも起こるからだよ
ちなみに日本神話にはありません

>>14
またいつもの話だけど、
糸島は島だよ
低地部に国境を書くのが間違い

101 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/01(火) 14:49:23.90 ID:DrFYVlOm0.net

東夷伝の信憑性が確かなものなのか?
そこから考えてしかるべしコトじゃないのかな?
邪馬台国・・・おとぎ話程度でしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。